本・映画

【映画「億男」感想】賛否両論あるけれど追体験できておもしろかった

ずっと気になっていた「億男(川村元気・著)」を見た感想です。

原作は2015年に本屋大賞にもノミネートされました。

賛否が大きく分かれるみたいですが、わたしはこれ、とっても好き

映画や小説で読む物語はどこか他人事のように感じてしまうのですが、どっぷり追体験することができました。

ぼむちん
ぼむちん
わたしはアマゾンプライムで見ました。
「基本情報はいらない!一気に感想まで飛ばして!」という方はこちらからどうぞ。

Amazonプライム会員に登録する

映画「億男」 基本情報


画像出典:東宝公式サイト

  • 監督:大友啓史
  • 原作:川村元気
  • 公開:2018年
  • キャスト:佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也
ぼむちん
ぼむちん
お金を巡って幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方を考えさせられるストーリーになっています。


 

映画「億男」 あらすじ

お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観を問う
新感覚マネーエンターテインメント!佐藤健×高橋一生ら豪華キャスト陣がお金をめぐって大冒険!

兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた——

引用:東宝公式サイト

映画「億男」感想

ネタバレはしてないけど、心配な人は映画を見てから読んでね。

いや〜良かったです。

とっても簡単に言うと「お金について考える」映画です。
最初から最後まで、それぞれのキャラクターのお金に関する哲学がちりばめられていて、飽きずに見ることができました。

わたしは映画を見たり小説を読んだりするときは、一歩引いた目線で鑑賞することが多いです。
意識的にそうしているわけではなく、自分の平凡な現実とはあまりにもかけ離れているため、自然とそうなってしまいます。
なのにこの作品は
なぜか「自分が3億円持ったら」という目線で見ることができました。
それこそ「宝くじで3億を手にする」なんてありえないにも関わらず。

初めは佐藤健演じる主人公に対して「いやいや、まずはすぐに借金返そうよ」「親友とはいえ何年も会ってない友人に相談するとかアホでしょ」なんて思っていたのですが、実際に3億という大金を手にして自分が冷静でいられるかは分からないか、と今なら思えます。

「自分だったらこうするのに」「自分だったらどう考えるかな」なんてことを約2時間、たっぷり考えることができました。

正直登場する人たちが自分の周りとかけ離れすぎて「こんな人現実にはいないやろ!でもまあ物語だしな」と納得していたんですが、リベ大の両学長が「億男」についてこんなこと言ってました。

「リアルに居そうな人たちも多数登場している」
「そういった人たちをたくさん見てきました」

おるんかーい(笑)

いやはや、世の中にはすごい方々がいるもんです。
そういう意味でも自分とは違う世界に住んでいる人の生活を擬似体験できる映画でした。

庶民からしたら「こんな人現実にはいないやろ」と思うようなキャラばっかりなので、「実際にちゃんといるんだよ」と認識して見ると、よりふか〜く映画の世界に入り込めると思います。

色々つらつらと述べましたが、最後にこれだけは言いたい。

黒髪ボブの沢尻エリカがかわいすぎ。はい。

ぼむちん
ぼむちん
「億男」を通して自分と向き合える貴重な時間を過ごすことができました。
もっとお金の勉強して、サイドFIRE目指しちゃうよ〜!

お金の勉強ができる本についても記事を書いています。

【お金の勉強】初心者におすすめのマネー本6選【初級編・中級編】こんにちは、ぼむちんです。 みなさんはお金の勉強ってどうやってしていますか? お金って、人生のめちゃくちゃ大切な部分なのに学...

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぼむちん(@bomchin91)でした。