ライフスタイル

【体験レポ】最高のウェディングフォトは韓国で!おすすめの理由と注意点

こんにちは、ぼむちんです。

ひとこと言わせてください。

韓国でのウェディングフォト撮影って最高。

プレ花嫁さん
プレ花嫁さん
料金はいくらくらいなんだろう?
プレ花嫁さん
プレ花嫁さん
日本での前撮りとどう違うのかな?
ぼむちん
ぼむちん
そんな疑問にお答えしながら、韓国でのウェディングフォト撮影の魅力についてお話していきます!

まずは完成写真を見てください

どうですか?めっちゃ良くないですか?笑

本当に本当に大満足でした・・・。

韓国にはウェディングフォトに特化したスタジオが数多く存在します。

私は自然な雰囲気かつシックな色味をベースにスタジオを探しました。

その中で選んだのがスタジオウォンギュ

初めから「スタジオウォンギュが良い!」という方は直接予約するのをおすすめしますが、私は他のスタジオも候補に入れたかったので韓国での結婚写真のトータルサポートをしてくれるAJARENA(アジェリーナ)さんにお願いしました。

こちらは提携しているスタジオがめちゃくちゃたくさんあるので、きっとお気に入りが見つかるはず。

ザ・韓国フォト!な可愛らしいポップなスタジオが良いという方もぜひ見てみください。

それでは、料金や特徴などの詳細も説明していきます。

料金・プラン・流れ

料金は¥375,000でした。
韓国でのフォトウェディングは安いイメージなので、この金額は少し高めに感じる方もいるかもしれませんが、スタジオやオプションで大きく変動します。

AJARENA(アジェリーナ)さんの一番安い基本プランだと¥169,800〜あります。

私は結婚式は挙げない予定だったので色々とオプションをつけました。
プランの中身がかなり充実しています。

  • 原本データ(400ショット以上)
  • ドレス4着(白2着、カラー1着、ミニ1着)
  • タキシード2着
  • アルバム 30P(シワやかげなどの修正後)
  • 額縁(50cmx60cm)
  • 通訳
  • 撮影当日の送迎・交通費
  • 間食(サンドイッチやキンパなど)
  • アクセサリー
  • ヘアメイク
  • 介添人
  • アルバム・額縁の輸送費
  • アジェリーナスタッフによる撮影風景のスナップショット
  • 写真立て(中型1つ+ミニ4つ)

届いたアルバムの装飾はこんな感じです。

それではここからは撮影の流れをご紹介します。

AJARENA(アジェリーナ)さんの撮影プランは「ドレス選び・メイクアップ・撮影」を一箇所で行えるトータルスタジオととそれぞれ別の場所で行うス・ドゥ・メ スタジオがあります。

私はス・ドゥ・メ スタジオだったため全ての工程に2日間かかりましたが、トータルスタジオだと1日で全て終わるみたいなので、頑張れば日帰りでもいけます。

<トータルスタジオの場合>

<ス・ドゥ・メ スタジオの場合>

引用:AJARENA(アジェリーナ)

実際、私たちの撮影はカット数が多かったので、終わるのが18:00くらいでした。

撮影中はカメラマンも通訳(スタッフ)さんや介添人のおばさまもみんなめちゃくちゃ褒めてくれるので、モデルさんの気分になれました(笑)

携わって下さった方々は本当に気さくで優しい人ばかりで、疲れたけれどとっても楽しい1日でした

気になった点がひとつだけ。
トータルスタジオではヘアメイクもスタジオで行えるのでその都度お直しが出来るのですが、スドゥメスタジオではそれぞれがバラバラの場所にあるので出来ません。
その代わり、ドレスの雰囲気に合わせて介添人のおばさまがアップヘアや化粧直しをしてくれます。
私はそこまでのこだわりが無いのと、介添人の方でも充分上手だったので何の問題もありませんでしたが、プロのお直しが出来ない分やりたい髪型が出来ないこともあります。
その点が気になる方はトータルスタジオをおすすめします
私は撮影の順番的にプリンセスドレス→マーメイドドレスだったんですが、プリンセスドレスの時にアップヘアにして、後からダウンヘアにすることは出来ませんでした。(髪型に跡がついても直せないので。)

逆に言えば気になる点がこれくらいしかありませんでした。

韓国まで行って撮影して本当に良かった〜!

全力でおすすめします。

日本での撮影との違い

そもそもどうして日本ではなく韓国で撮影しようと思ったか。
こんな理由があります。

  1. 撮影料金が安い
  2. 芸能人が通うサロンでヘアメイクしてもらえる
  3. ウェディングフォトの撮影技術が高い

撮影料金が安い

日本ではスタジオ撮影での費用相場が10〜15万円、ロケーション撮影が20万円前後。
この費用だけで見るとそんなに高くないと感じるのですが、衣装は1着、アルバムも数ページ程度で、カット数は50〜100前後がスタンダードでした。
それを思うと、衣装を何着も着ることができて、400カット以上の撮影データを全部もらえて、アルバムは30Pあって、ミニ写真やでっかい額縁までついてくるのはとってもお得だなあと感じました。

芸能人が通うサロンでヘアメイクしてもらえる

私が実際にヘアメイクしてもらったサロンのミュゼ・ネフさんで担当してくださった方も、女優さんのメイクをすることがあると言っていました。
これが料金に含まれているのはすごいですよね。
一生に一度あるかないかのウェディングフォト撮影なので、プロの方にメイクしてもらえると気分も上がります。
スタジオウォンギュに直接依頼する場合は、有名なJenny Houseとの提携もあるようです。

ウェディングフォトの撮影技術が高い

韓国は節目に家族写真を撮る文化があるようで、ほとんどの新婚夫婦がフォトウェディングサービスを利用するようです。
韓国ドラマや映画を見ると必ずと言っていいほど家族写真を見かけますよね。
そういえば、私は貿易の仕事をしているので色々な国とやり取りするんですが、韓国人スタッフはメールのアイコンは必ず写真屋さんで撮影しためちゃくちゃ美人ORイケメンになっています(笑)
私は写真技術に関しては詳しく無いのですが、調べて見るとウェディングフォトの技術は韓国が飛び抜けて高いのだとか。
歴史が長く、業界が成熟しているため、低価格で高いクオリティを提供できるのが韓国フォトウェディングの最大の魅力だと思います。

まとめ

ぼむちん
ぼむちん
大大大満足で、本当に最高の思い出になりました。前撮りやフォトウェディングを考えている方は是非参考にしてください。